新着情報

パーソナルジムとは?トレーニング内容やメリット・デメリットを解説

「ジム」と一言でいっても、さまざまな種類があります。中でも近年注目を集めているのが「パーソナルジム」です。ご友人からの口コミやテレビCMで見聞きして興味が湧いたという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、パーソナルトレーニングジムとは何か、パーソナルトレーニングジムの主なトレーニング内容、パーソナルトレーニングジムのメリット・デメリット、パーソナルジムが向いている人、選ぶポイントなどを解説していきます。
パーソナルジムを検討されている方の参考になれば幸いです!

パーソナルジムとは?トレーニング内容やメリット・デメリットを解説

パーソナルジムとはどんなジムのこと?

パーソナルジムとは、一人ひとりに専属のトレーナーがつき、その人に合ったトレーニング内容で個人指導を行うジムのことです。
正式には「パーソナルトレーニングジム」「プライベートダイエットジム」と呼ばれます。

パーソナルとは、「個人に関するさま」や「個人用の」という意味があり、パーソナルジムを直訳すると「個人用のジム」になります。

一般的なスポーツジムでは専属のトレーナーなどはつきませんから、一人で黙々とトレーニングを行うことになるでしょう。
運動の方法やフォームなども自分で考えなければなりません。

それに対し、パーソナルジムは個人の目標に適した運動方法やフォーム、生活習慣のアドバイスまでがサービスに含まれます。

パーソナルジムの主なトレーニング内容

パーソナルジムでは、主に4つのトレーニングメニューが用意されています。
どのトレーニング内容を重視するかは、その人の体の状態や目標によって異なります。

ストレッチ

ストレッチは、筋肉を伸ばして柔軟性を高め、関節可動域を広げるための運動です。
トレーニングを始める前の準備運動として、また、トレーニング後のクールダウンのために行われます。
無酸素運動の前に行うことで、パフォーマンスの向上や怪我防止の効果が期待できます。

無酸素運動

無酸素運動は、短時間に強い力を使う運動のことです。腕立て伏せなどの筋トレ、バーベル、短距離走などが挙げられます。

無酸素運動を行うと、筋肉力が増えて基礎代謝が上がり、太りにくい体質になります。
よって、ダイエットを目標に掲げる人の場合、トレーニングでは無酸素運動をメインに行います。

有酸素運動

有酸素運動は酸素を使って糖質や脂質をエネルギー消費させる運動のことです。水泳やウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどが挙げられます。
無酸素運動に比べて筋肉への負荷が少なく、内臓脂肪を燃焼させたりLDLコレステロール値を下げたりする効果があります。

そのため、ダイエット目的の人はもちろん、健康維持や疲労回復などが目標の人のメニューに組み込まれます。

生活習慣改善の指導

パーソナルジムでは、トレーニングの成果を出しやすくするための食事指導など、生活習慣を改善するためのアドバイスも受けられます。
基礎代謝や消費カロリー、摂取カロリーを計算した上で無理なく目標体重を目指せます。

パーソナルジムのメリット

パーソナルジムには以下のようなメリットがあります。

プロのトレーナーから指導を受けられる

パーソナルジムには専門知識のあるトレーナーが在籍しており、マンツーマンで指導を受けられます。
トレーナーの多くは、トレーニングに関する何らかの資格や経験を持っています。

プロの視点で自分に合ったトレーニング方法を教えてもらえるというのは、ダイエットや筋肉増量などの目標を達成する近道になることでしょう。
一般的なジムにもトレーニング設備はありますが、どれをやったらいいのか分からず、結局挫折してしまうケースも少なくありません。

正しい姿勢がキープできる

トレーナーがそばについているため、誤ったフォームをすぐに直すことができ、トレーニングにおける正しい姿勢がキープできます。
トレーニングの姿勢を間違うと、鍛えたい部位に負荷をかけることができず、成果が出ない原因になります。

正しい姿勢でトレーニングを行うことは怪我の防止にも繋がるため、安全に体づくりをするために不可欠です。

トレーニングに集中できる

パーソナルジムは個室でトレーニングを行う場合が多く、他のお客さんにトレーニングをする姿を見られることがありません。
人の目を気にせずにトレーニングに集中できるのも、パーソナルジムのメリットです。

パーソナルジムのデメリット

パーソナルジムにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

比較的料金が高い

パーソナルジムの料金は一般的なジムに比べて料金が高めです。
一般的なジムの料金相場は、公営のスポーツジムで1000円以下(1回につき)、会員制スポーツジムで5,000~10,000円程度です。

それに対し、パーソナルジムはトレーナーが一人ひとりにつくことで発生する人件費や設備費などが加算されるため、料金相場は30,000~100,000円と高額な傾向にあります。

利用できる回数や時間に制限がある

一般的なジムは「通い放題」「24時間営業」というところもあります。一方、パーソナルジムは「月~回」「~時まで」など、利用できる回数や時間に制限があります。
例えば、BITTERでは、月4回と月8回のコースがあります。通常は9:00~22:00までのご利用となりますが、1回につき3,000円の追加料金で営業時間外のご利用も可能です。

パーソナルジムが向いている人や選ぶポイントは?

パーソナルジムは個人指導のジムですから、どんな人にも向いているといえます。中でも以下に当てはまる人はパーソナルジムを強くおすすめします。

・トレーニングの方法や器具の使い方が分からない
・他のジムを試したけれど十分な効果が得られなかった
・一人でダイエットや運動を続けることが難しい
・短期間で確実に効果を出したい

また、実際にパーソナルジムを選ぶ際は、以下のポイントを確認しましょう。

・立地条件や駅からの距離は通いやすいか
・営業時間が自分の生活サイクルに合うか
・トレーニング内容に対して料金は妥当か
・指導力のあるトレーナーは在籍しているか
・設備や保証は充実しているか

「自宅から遠すぎて通うのが面倒になる」「安すぎるジムを選んで後悔した」というケースは少なくありません。
事前にジムのホームページなどを確認し、気になる点があれば問い合わせてみましょう。

まとめ

パーソナルジムへの入会をお考えの方は、まず無料体験を試してみると良いでしょう。
その上で、通いやすさやトレーニング内容、トレーナーとの相性や接客態度、設備や保証内容を総合的に判断することをおすすめします。

パーソナルトレーニングジムBITTER(ビター)でもパーソナルジムの無料体験を行っているので、お気軽にご連絡ください。

パーソナルトレーニングジムBITTER(ビター)の無料体験はこちら

関連記事

  • ダイエットに筋トレは効果的?正しい筋トレのやり方ダイエットに筋トレは効果的?正しい筋トレのやり方 さまざまなダイエット法がありますが、筋トレもその中の1つとして人気ですよね。 しかし、筋トレで効果的に痩せるには、どうすれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 この記事では、ダイエットに筋トレが効果的な理由や筋トレの正しいやり方について解説していきま […]
  • アラフォーの健康な身体づくりのために!簡単な運動習慣4選アラフォーの健康な身体づくりのために!簡単な運動習慣4選 アラフォーになり、身体の不調や筋肉の衰えを感じていませんか? 健康な身体づくりのために、日常生活で出来る簡単な運動習慣4選を紹介します。 自分ができる運動から生活に取り入れて、いつまでも若々しく健康な身体で過ごしましょう。 アラフォー世代の主な身体の不調 アラフ […]
  • 体脂肪率の平均はどれくらい?年齢別の目安や落とし方を解説体脂肪率の平均はどれくらい?年齢別の目安や落とし方を解説 ダイエットでは体重の変化を見るだけでなく、体脂肪率もチェックしましょう。体重が減っていても体脂肪率がそのままでは、スタイルに変化を感じられません。 この記事では体脂肪率の平均や年齢別の目安、体脂肪率の落とし方を解説します。 健康的な体脂肪率を目指し、理想のスタイルを […]
  • パーソナルトレーニングで痩せる?モチベーションの向上にもパーソナルトレーニングで痩せる?モチベーションの向上にも 女性にも人気のパーソナルトレーニング。 パーソナルトレーニングで痩せたいという願望を持つ方は多いですが、そのためには注意点もあります。 「痩せてきれいになりたい」と思っている人は、多いと思います。 そのためにも、パーソナルトレーニングダイエットを正しく行うのがベストで […]
  • 痩せたい方は必見!筋トレを継続するメリットと効果的なコツを紹介痩せたい方は必見!筋トレを継続するメリットと効果的なコツを紹介 「筋トレを継続させたい」「筋トレを継続させてダイエットに成功したい」「どうすれば筋トレを継続できるのだろう」とお悩みの方はいませんか。 この記事では、筋トレを継続させる方法を提案しています。 筋トレを継続するコツや筋トレを継続して得られるメリットも併せて紹介しています。 […]
  • 前腕を筋トレするならこれ!効果的なトレーニング8選を紹介前腕を筋トレするならこれ!効果的なトレーニング8選を紹介 「前腕に筋肉がつきにくいのが、長年の悩み…」 「前腕筋トレをするけど、腕がパンパンにならず負荷がかけられていないのではと心配」 そんな悩みを持つ方は必見、この記事では前腕をたくましくする筋トレを、強度・器具別に紹介します。 この記事を読み筋トレに励めば、バキバキのかっ […]