新着情報

女性が筋肉をつけながら脂肪を落とすには?効果的な方法をチェック

女性は男性と比べると、どうしても筋肉がつきにくい傾向があります。
体質や筋トレの方法によっても異なりますが、女性にとって、筋肉をつけながら脂肪を落とすのは簡単ではないですよね。

そこで、女性が筋肉をつけながら脂肪を落とすにはどうすれば良いのかを、わかりやすく解説します。
理想的なボディになれば自分自身に自信が持てますし、メリットも多いでしょう。
肥満の種類を知り、あなたがどのタイプかを知ることも大切ですよ。

女性が筋肉をつけながら脂肪を落とすには?効果的な方法をチェック

女性が筋肉のつきにくい理由

女性が男性に比べて、筋肉がつきにくい傾向がある原因として、ホルモンの影響が考えられています。
テストステロンというホルモンは、筋肉の発達を促す効果を持ち、男性の方が多く分泌されます。
テストステロンは「男性ホルモン」を代表するホルモンとしても有名です。

もう一つの原因としては、食事量も挙げられます。
男性の方が、食事量が多く、タンパク質などの摂取量も多いことから、女性との差が生まれると考えられています。

筋肉をつけながら脂肪を落とすのは女性でも可能?

「女性でも筋肉をつけながら脂肪を落とせるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。
結論を言えば、筋肉をつけながら脂肪を落とすことは可能です。
以下のような方だと、筋肉をつけながら脂肪を落としやすいです。

筋トレ未経験者

これまでに筋トレをしたことがない方であれば、比較的筋肉がつきやすく、効果を実感しやすいでしょう。
筋トレ未経験者の方の場合、筋トレの負荷に対し、体が適応していない分だけ筋肉がつきやすいからです。

トレーニング当初は筋肉が非常につきやすい一方、トレーニング習慣をつけると筋肉のつくスピードが低下していきます。
ですので、筋トレ初心者は筋肉量を増やし脂肪を落としやすいと言えるのです。

脂肪の多い方

脂肪の多い方も、筋肉をつけながら脂肪を落としやすいでしょう。
なぜなら、元々脂肪が少ない人に比べて難易度が低いからです。
体脂肪を30%から25%に落とすのと、15%から10%に落とすのではハードルが大きく違います。
当然、前者の方がハードルは低く脂肪を落としやすいです。

体重100kgの人が、数カ月で70kgにまで痩せたという話を聞いたことがないでしょうか。
これは、元々の体脂肪が多い分、筋肉をつけながら体脂肪を落としやすいためです。
70kgの人が40kgに落とすことに比べて、ハードルが低いために起こることです。

肥満の種類

肥満には、主に以下の種類があります。

皮下脂肪型肥満

皮下脂肪型肥満は、女性に多いタイプの肥満です。
これは、下半身を中心に皮下脂肪がついて、洋なし型体形になるのが特徴です。
上半身は比較的痩せているにもかかわらず、下半身はやや脂肪が多い方を見かけます。
このタイプの方は、皮下脂肪型肥満である可能性が高いでしょう。

内臓脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満は、男性に多いタイプの肥満です。
特に中年男性は、ポッコリお腹になる方が多くいます。
内臓周辺に脂肪が増えると、このポッコリお腹になってしまうことが多くあるのです。
内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満より脂肪を落としやすいため、トレーニングや食事により改善できます。

女性が筋肉をつけながら脂肪を落とすための方法

女性の方で、筋肉量が少なく脂肪が多いということに悩まされている方は大勢います。
その場合、筋肉をつけながら脂肪を落とすようにしたいですよね。
以下で、その方法をご紹介します。

食事回数を3~5回にする

女性の中には、1日の食事回数が1回や2回という方もいます。

ですが、これは逆効果となる可能性が高いのでおすすめできません。
1日の食事回数が少ないと一度に摂取する量が増えてしまい、余計に脂肪がついてしまうことがあります。

食事の間隔が空いて栄養が不足すると、体は筋肉を分解してエネルギーとして筋肉を使ってしまうのです。
栄養不足を防ぐためにも、1日の食事回数を3~5回にしてください。

脚のトレーニングを中心にする

脚のトレーニングというのは、大きい筋肉が多くあり、脂肪を落としやすいのです。
そのため、筋肉をつけながら脂肪を落としたい女性に最適。
脚の筋肉を鍛えることは筋肉の成長に効果的であり、成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンの分泌は高い脂肪燃焼効果が期待できるため、おすすめできます。

まとめ

今回は、筋肉をつけながら脂肪を落とす方法についてご紹介しました。
筋肉をつけながら脂肪が落ちるメカニズムを知ることで、効率良く痩せることが可能です。
パーソナルジムであれば、専門知識を持ったトレーナーと二人三脚でダイエット、筋トレに取り組めます。

パーソナルジムへの入会をお考えの方は、まず無料体験を試してみてはいかがでしょうか。
パーソナルトレーニングジムBITTER(ビター)でもパーソナルジムの無料体験を行っているので、お気軽にご連絡ください。

パーソナルトレーニングジムBITTER(ビター)の無料体験はこちら